福岡・北九州 住宅塗装の石松建創

北九州近郊の外壁塗装・屋根塗装工事専門店、住宅塗装の石松建創へおまかせ下さい

外壁に生じるトラブルの紹介

クラック

乾燥によるモルタルの収縮や建物の構造的な歪みから、下地にひびが入る現象で、モルタルに発生します。
そのまま放っておくと、雨水をため込み、下地まで傷んでしまう事があるので、早急にメンテナンスが必要です。
小さなものは弾性シーリング材を注入する事で対応が可能ですが、大きなものは、クラック部分を切り取って清掃する、シーリング材の密着性を高めるプライマーを塗布する、シーリング材の外側に弾性モルタルを詰めるなどの工事が必要です。

ヘアクラック

モルタル、サイディングに発生する現象です。
クラックの中でもより小さなものをヘアクラックと呼びます。

チョーキング

チョーキング

モルタル、サイディング(窯業系)に発生します。紫外線や熱などで塗膜の樹脂が分解されて劣化し、顔料が粉状になって残り、壁全体にチョークの様な細かい粉がふく現象です。

シーリングの痩せ・ひび割れ

シーリングの痩せ・ひび割れ

サイディングに発生するもので、シーリング材の劣化やサイディングの反りにより、接合部や目地にひび割れが入る現象です。

白サビ

白サビ

サイディング(金属系)に発生します。サイディング鋼板を保護しているメッキの腐食により、壁に白い細かな粒が現れる現象です。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Send to LINE
093-243-3710