北九州近郊の外壁塗装・屋根塗装工事専門店、住宅塗装の石松建創へおまかせ下さい

外壁塗装の色選びで失敗しない方法

外壁塗装で迷わない!!外壁塗装の色選びで失敗しない方法とは?!

外壁塗装での色選びは、家の印象を決める大事なポイントです。なので、色選びには失敗したくありませんよね。では、一体どんな事に気を付けておくべきなのか、ここでは外壁塗装の色選びで失敗しない方法をお伝えします。是非、ポイントを押さえた上で最適な塗装選びを行いましょう。

外壁塗装でオススメの色と知っておきたいポイントとは?

外壁塗装のオススメカラーBEST5

  • ベージュ系

ベージュ系は、今外装業界で最も流行しているカラーです。ベージュ系は落ち着いた印象に仕上がり、無難なカラーである事が大きな魅力でもあります。外観がシンプルなだけあり、他のカラーに合わせやすかったり、景観とも馴染みやすかったり、周りの住宅に自然に溶け込みます。また、埃などが外壁に付着していても、汚れがあまり目立たない事も人気理由になっています。

  • グレー系

グレー系と言うのは、白と黒の中間色です。グレー系もベージュ系同様に、他のカラー合わせやすかったり、汚れが目立ちにくかったりするカラーです。最近、ベージュ系やグレー系の外壁塗装を選ぶ人は、戸建て全体の半数以上にのぼっており、その人気は伺えます。ベージュ系は温かみのある印象になりますが、グレー系はクールな印象に仕上がります。他のカラーと組み合わせて使用すると、グレーが他のカラーを引き立たせてオシャレ感がアップします。

  • ブラウン系

ブラウン系の外壁は、平少し前まで薄めのブラウンが人気で、タイル張り風の家やレンガ調タイルが影響しています。ブラウン系は木や土などネイチャー感があり、温かみた優しさを感じさます。また、シックで落ち着きのある雰囲気があるブラウン系は、飽きが来ずに楽しめます。他にも、汚れがあまり目立たず、周りの物とも調和が取れます。

  • ホワイト

ホワイトは、見た目の印象からも清潔感があってオシャレな印象を与えます。経年変化で汚れてくるので定期的な洗浄やメンテナンスは必要ですが、まだまだ人気のカラーです。植木の緑や鮮やかで綺麗な花の色などが良く映え、外壁をホワイトにするだけで新築のように家が生まれ変わります。また、ホワイトカラーは家を大きく見せる効果もあり、洋風・和風どちらの住宅にも馴染みます。

  • ブラック

ブラックは、クール・格調高い・スタイリッシュ・重厚感など、色々とオシャレなイメージがあります。なので、外壁をブラックにするだけで、洗練された仕上がりになります。熱を吸収しやすいカラーでもあるので、ブラックにする際には遮熱・断熱材などを使用し、建物内が温度上昇しないようにし、汚れにくい外壁材がオススメです。

外壁塗装で知っておきたいポイントとは?

塗料の種類

アクリル系

アクリル系は、軽量で塗料カラーをしっかりと見せる効果があります。こまめに塗り替えを楽しんで気分転換したい方や、リーズナブルに塗り替えしたい方にオススメです。

ウレタン系

ウレタン系は、アクリル系塗料と比較すると防水性や耐水性に優れています。比較的塗料価格も安価なので、品質と価格のバランスが取れた塗料と言えます。用途範囲が広いので、戸建住宅をはじめ幅広く建物に使用されています。また、密着性も高く塗装剥れの気になる箇所にも使用可能です。なるべく低予算で済ます、塗料の剥がれが気になる箇所がある方にオススメです。

シリコン系

ウレタン系塗料と比較するとシリコン系は、耐久性・対候性・仕上がりの土佐、これらに優れた上質塗料となっています。塗膜下で小さなひびが割れたとしても防水性が損なわれる事無く、また、耐用年数も長いので、コスパの良い外壁塗料として現在一番人気があります。なので、上質塗料でコスパの良いものを選びたい方にはオススメです。

フッ素系

フッ素系は、耐久性、耐候性、撥水性に優れた塗料です。美しい光沢が特徴ですが、塗料価格としては最も高くなっています。屋根が急勾配になっていたり、塗装する面積が大きく足場設置費用が必要だったり、長いスパンを考慮した際には持ちが良いのでお得な塗料です。なので、長期スパンで見た時に経済的な塗料にしたい方にはオススメです。

外壁塗装の塗装工法の種類

刷毛(はけ)工法

刷毛工法は、小さな筆のような物を使い、外壁の細かな部分塗装で活躍します。塗装範囲が小さいので、細かな仕上げ塗装や塗装面を微調整する際に用いられます。複雑な形をした住宅や凹凸のある壁などでも、刷毛工法は対応する事が可能です。

ローラー工法

ローラー工法は、ローラー式の道具を転がしながら塗装します。一気に長く広い面積を塗装するのに役立つ工法です。広い範囲の塗装向きで、塗料の飛び散りが少ないのが特徴的です。職人の手塗りなので、原液に近い形で分厚い塗膜形成ができ、耐久性も高くなります。また、凸凹のある外壁にも対応する事が可能です。

吹き付け工法

吹きつけ工法は、塗料を噴射機械に入れて吹き付けていきながら塗装します。ローラー工法同様に、広い範囲の塗装向きで一気に塗装する事ができます。外壁塗装では数回の重ね塗りをした後に、より美しい外観の仕上げを行います。その仕上げ工法の一つが吹き付け塗装です。

塗装と張り替え

塗装

塗料は、外壁に直接塗る方法になります。その場合、塗装には下塗り・中塗り・上塗りの3工程が行われるのが通常です。それぞれの塗料を乾燥させる時間が必要になるので、約30坪の建物を塗装した場合、約10日~2週間前後が目安になります。塗料代・塗装代に関しては選択した塗料のグレードや塗装する職人数で変わるので、塗装業者事で同じ金額の見積もりになると言う事はありません。

張り替え

張り替えは、サイディングボードと言って外壁に貼る事ができるボードを取り付ける方法になります。デザイディングボードには、窯業系・金属系・木材系・樹脂系など色々なタイプがあります。張り替えの場合、塗装の必要が無くボードを取り付けるので、工事期間は塗装に比べて短くなります。また、サイディングボードは模様入りだったり、レンガ風の質感をもたせたり、イメージチェンジしたい場合にオススメです。

外壁塗装の色見本とは?

色見本で色選びに失敗しない為の見方のコツ

カラーの寒色・暖色を知る

寒色系は、青系の色を指し建物全体が小さめに見える特徴があります。逆に、暖色系は赤系や黄色系の色を指し建物全体が大きめに見える特徴があります。これを把握しておくだけでも、外壁塗装を選ぶ際にある程度の失敗防止になります。人によって大きく見せた場合もあれば、小さく見せたい場合もありますよね。寒色と暖色の特徴を押さえておくと、色選びもより楽しむ事ができるので知っておくと役立ちます。

サンプルの色と実際の色は異なる

色見本のサンプルで見た時には「良い!」と思っても、実際に外壁塗装した際に「思っていたカラーイメージと違った…」となってしまうと嫌ですよね。実は、外壁塗装の色選びで一番多いのが、サンプルの色と実際の色が違ったという事例なのです。業者が色を間違えている訳で無く、依頼者が指定した色を塗装しているのですが、こうした色の違いと言うのが発生してしまうのです。その理由は、全く同じ色の塗料を使用している場合でも、使用する色を外壁に施工する面積によっても、全体の色の見え方と言うのが変わる事が挙げられます。基本的に色選びの際には、小さな色見本のサンプルを見ながら選ぶので、色面積で色の印象が変わって見える事を覚えておきましょう。

背景色や光でも色の見え方は変わる

外壁塗装の色の見え方とは、色の面積で印象が異なるのはもちろんですが、他にも、隣接している建物の色や光の刺し加減などによっても、色の見え方は変わってきます。見え方が変わる現象を明度対比と言います。照度対比と言うのは、隣に建っている建物が例えば明るい色だった場合、少しくすんだ色に見える事があります。また、太陽光が当たっている場合と全く日が差さない場合でも、多少見え方が変わってきます。なので、周りの建物や風景などが暗いと明るく見え、逆になると、暗く見えます。

これを踏まえた上で、まずは寒色と暖色の特徴を知り、サンプルと実際の色が面積の違いで異なる事、周りの環境、この3つのポイントを判断基準として覚えておきましょう。

サンプルカラーと実際のカラーで違いを出さない為のポイント

ワントー暗めの色を選択する

例えば、明るいカラーの暖色系や白系の色にしたい場合、色見本で色を選ぶ際にはワントーン暗めの色を選択するのがコツです。反対に、暗めのカラーの寒色系や黒系の色にしたい場合、ワントーン明るめの色を選択するのがコツです。このポイントを押さえておくだけでも、色選びの失敗を避ける事ができます。また、このような色選びに関するアドバイスを行ってくれる業者を選ぶ事も大事なポイントです。また、初めて家の外壁塗装を依頼する方も多いので、事前に自分で把握しておくと便利です。

カラーシミュレーションする

希望カラーよりもワントーン色を変える事で色の違いを解消する事は分かっていても、心配な方も多いと思います。そうした場合には、Web上でシミュレーション専用のサイトがあるので、それを利用する事で実際の自分の家の外壁塗装の見え方を確認する事ができます。ただし、PC画面上で見る色と実際では、どうしても違いは出てくるので、その事も念頭に入れながら活用してみましょう。

実際に外壁塗装をしてもらう

色のイメージを掴む為の方法として、最終方法で塗装業者にお願いをして、外壁の一部分に希望色を塗ってもらう事もできます。しかし、色決めを行う最終段階である事が条件なので、外壁塗装業者を決めかねている段階や色決めの初期段階では、塗料を塗ってくれる事は難しい事は覚えておきましょう。

外壁塗装のカラーシミュレーションとは?

カラーシミュレーションとは

カラーシミュレーションと言うのは、前途でも少しお伝えしているように、外観塗装決めの際に色の組み合わせを試す事ができるものです。専用ソフトもあるので、自分のPC、タブレット、スマホなどでシミュレーションが可能で、簡易的にシミュレーションできるタイプもあります。一方、実際の建物イメージを使って施工業者による色の組み合わせを提案するプロタイプもあります。

外壁塗装の色選びでカラーシミュレーションが必要な理由

外壁塗装を業者依頼する際には、複数の塗装業者に見積もり依頼されて、外壁塗装費用を比較される方も多いと思います。見積書を見る際には、塗装に関する情報がちゃんと記載されている事を確認する事が大切です。例えば、単色なのか複数の色を使用するのか、自分の希望を前以て業者へ伝えておく必要があります。塗装業者と言うのは、お客様のご要望に対して時間をかけてしっかりヒアリングした上で、塗装する色を見て頂く為に色サンプルを準備します。この際、塗料メーカーが発行している色見本帳の中から、お客様の希望の仕上がりに近い色を選択しています。また、A4サイズの板の上に塗料を塗った塗り板も提供します。基本的にどちらの色見本も、ハガキサイズ程度からA4サイズ程度で、そのサンプルカラーを見てお客様は色を選択します。

例えば、2階建ての住宅で、一つが30坪で約130〜140㎡、もう一つが40坪で約150〜160㎡、このどちらの住宅にも塗装する場合、屋外で広範囲の外壁を塗った際とサンプル色では、同じ色でも見た目の雰囲気が変わります。その際に、カラーシミュレーションが活躍します実際の家の写真や住宅立面図などに色を付けていきます。サンプル色だけでは、建物全体の仕上がりイメージも湧きにくい所も、シミュレーション画像を見る事ができるので、リアルな完成像を目で見てイメージできる良さがあります。

カラーシミュレーションのメリット

大型モニターで全体像を見る事ができる

塗装業者の中には、自社ショールームの大型モニターを用いて、外壁塗装のカラーシミュレーションを行う所もあります。大型モニターで依頼者家族全員が塗装工事後の住宅カラーをイメージする事ができます。このように、完成像を皆で見て共有できる事は嬉しいですよね。

家族でゆっくり色決めの相談ができる

カラーシミュレーションを行って色と言うのは、紙にプリントアウトする事も可能です。なので、プリントアウトしたカラーシミュレーション後の画像を家に持ち帰る事ができます。なので、一旦、家族とゆっくり色決めの相談ができ、落ち着いて検討する事ができます。

具体的な仕上がりイメージが湧く

簡易的な外壁塗装のカラーシミュレーションでは、実際の自分の住まい構造とは大きく異なるので、具体的な仕上がり像をイメージする事が難しいです。しかし、一部の外壁塗装業者では、お客様の実際の家写真を元にて、外壁塗装後の完成イメージをカラーシミュレーションしてくれます。なので、リアルな完成像がイメージできます。塗料印刷された色見本帳など見ているだけでは無いカラーシミュレーションは、自分の家の外観を元にしたシミュレーションなので、より具体的な家のイメージが湧きやすくなります。

好みの色を業者へ伝えやすくなる

自分がイメージする好みの色を伝える事は中々難しいものです。しかし、カラーシミュレーションができれば、事前にPCでカラーシミュレーションしてプリントアウトした用紙を業者に提出する事ができます。そうする事で自分の希望色を外壁塗装業者へスムーズに伝える事ができます。また、外壁塗装業者側でも何パターンかの完成イメージ画像を並べ、お客様へ提案する事ができるので、その候補の中から自分好みの仕上がりを選択でき、しっかりイメージ比較できるのも有り難いですよね。

周りの建物や風景とのバランスを見る事ができる

外壁塗装では、近隣住民との人間関係も大切ですよね。ご近所さんとのお付き合いを悪くしない為にも、周りの建物や風景と自分の家の色とのバランスは大事です。例えば、余りにも奇抜な塗装色では、「地域の雰囲気やイメージと合っていない」などとクレームになる恐れもあります。なので、良い人間関係を築いていく為にも、色のバランスを確認しながら、業者と相談していくのがオススメです。

カラーシミュレーションのやり方

カラーシミュレーションには、前途でも触れていますが外壁塗装業者が持っている専用ソフトと、Web公開されているシミュレーションの2タイプがあります。どちらもソフトをダウンロードして擬似的色合いチェックを行います。殆どの場合、外壁塗装業者にカラーシミュレーションを要望すると対応してくれます。使用されるソフトで仕様は違いますが、家の写真を用いて、擬似的に3Dデータ化した外壁イメージを見る事ができます。なので、具体的に色の組み合わせや外観イメージを確認していく事ができます。

 

北九州の外壁塗装は石松建創にお任せ下さい。

外壁塗装・屋根塗装の専門店 TEL 093-243-3710 受付時間 9:00 - 20:00 [ 月曜除く ]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

side-contact

省エネ窓ガラスコーティング  『優』~ゆう~

小倉北区・小倉南区・門司区・八幡東区・八幡西区・戸畑区・若松区・中間市・直方市・宗像市・古賀市・福津市・行橋市・京都郡 苅田町・みやこ町・築上郡 吉富町・築上町・上毛町・豊前市・田川市・田川郡 香春町・添田町・糸田町・川崎町・大任町・赤村・福智町・遠賀郡 遠賀町・水巻町・芦屋町・岡垣町・宮若市・鞍手郡 小竹町・鞍手町・飯塚市・嘉麻市・嘉穂郡桂川町・山口県下関市・その他ご相談ください

PAGETOP
Copyright © 住宅塗装の石松建創 All Rights Reserved.