外壁塗装前の破風板、補修工事。屋根からの浸水による破風板腐食

施工前

今回の事例は築17年のお宅になります。屋根からの長年にわたる浸水で、破風板の腐食が進み塗装でわ2~3年で剝離する状態でしたので現状の写真を施主様に見せました。足場仮設後まじかで確認して適切な補修方法で外壁塗装工事を進めることの承諾を施主様に頂きました。築20年位の初回塗装のお宅に破風板:幕板(1階2階の仕切りの帯)などの浸水による腐食が多く起きています。原因は様々ですが、無理に塗装しても必ず剝離しますので、塗装以外の補修方法がお勧めです。

破風板ガルバリウム鋼板巻き補修工事

施工後

破風板補修前に屋根からの浸水を防ぐために瓦本体と水切りの間に防水テープを取り付け浸水を防ぎました。腐食破風板にはガルバリウム:カラー鋼板を巻き込み傷んだ破風板を雨水から守ります。傷んだまま塗装するのは、砂の上に塗装するのと同じです。的確な素地の補修工事をお勧めします。【今回の補修費用は、屋根防水テープ8m:ガルバリウム鋼板巻き16mで¥61,000になります。】