塗料の種類の違い

【アクリル塗料】アクリル塗料は、価格が安いのが特徴です。ただし、耐久性は低く、こまめなお手入れが必要になるので、費用を抑えて5年程度キレイであれば良い、という方におすすめです。

【ウレタン塗料】ウレタン塗料は、仕上がりに艶が有り、密着性に優れていますが、汚れがつきやすいというデメリットががあります。価格はアクリルに次いで安く、耐久性も低い為、とにかく費用を抑えたい方にはおすすめです。

【シリコン塗料】シリコン塗料は価格と耐久性のバランスが良く、現在最も主流になっている塗料です。耐久年数は10年~15年ほど、外壁下地との密着効果や防藻効果も高く汚れにくいのが魅力で、費用対効果が良い塗料です。最近でわ同じシリコン塗料ですが、ラジカル系シリコン樹脂塗料があり、劣化しにくくフッ素に迫る高耐候性と言われています。

 

シリコン樹脂塗料でもフッ素同等塗料あり。

【フッ素塗料】塗料の中では高価ですが、耐候性に15年~20年と耐久性に優れているのが魅力です。フッ素は親水性に優れているので、外壁についた汚れも雨で落ちやすい特徴があります。少し高くついても、長持ちさせたい:汚れが付きにくい塗料が良いという方にはおすすめです。

【アステリア】高耐久:高性能:御影石彫塗装改修システム 多彩色ならでわの深みのある豪華な外観が得られ、中塗り:上塗りともに厳選されたシリコン樹脂を使用し、他シリコン塗料よりも、シリコン樹脂の含有量が多いため、トップレベルの耐久性があります。多彩のシリコン製の乾燥塗料チップをクリヤー樹脂で包み込むことによって耐候性が向上し、長期に渡って色の変化がなく、クリヤー樹脂にわ防苔:藻剤を混入しており、フッ素塗料同等以上です。次回塗り替え時期は20年後の設計になったいます。

※アクリルをベースに、ウレタン樹脂:シリコン樹脂:フッ素樹脂を混入されたものがウレタン:シリコン:フッ素塗料です。樹脂の含有量によりシリコンよりもウレタン:フッ素よりもシリコンの方が耐久性に優れている塗料もあります。